2022.03.07

【作家紹介】徳田八十吉 ~九谷焼の名工~

徳田八十吉(とくだやそきち)という名前をご存じですか?

徳田八十吉は九谷焼の陶工で、現在まで四代続く名門です。

個人のお名前ですが、4人の「徳田八十吉」が存在するのです。そして、九谷焼の作風もそれぞれ違います。

人間国宝に認定された方や、国内外でさまざまな賞を受賞されている方もいらっしゃいます。

今回は、初代から4代目までの徳田八十吉と、それぞれ個性的な作風についてご紹介します。

初代 徳田八十吉(1873〜1956年)

初代徳田八十吉は、染物屋の長男として石川県に誕生しました。

最初は日本画家を志し、荒木探令(たんれい)や山本永暉に師事して日本画を学ました。

のちに九谷「松雲堂」で義兄の松本佐平に陶画を学び、輸出する作品の絵付けを手伝うようになります。青・黄・紫・紺青の四彩を用いる、古九谷吉田屋の「青手」の再現を目指しました。

独立後は陶画業を営みながら顔料や釉薬(ゆうやく)の研究・改良に尽力し、「深厚釉」というオリジナルの釉薬を生み出し、高い評価を獲得。

1953(昭和28)年に、九谷焼上絵付けの技術で無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けました。

銘は「九谷八十吉」を用い、一般的に「八」の字が下の「十吉」に大きく掛かってるものが初代徳田八十吉の銘の特徴とされています。

門弟には浅倉五十吉、太田喜一、松本佐吉など、優秀な作家を多く輩出しました。

晩年には硲伊之助や中村研一などの洋画家にも絵付けに挑戦させるなどして、近代九谷焼の発展に寄与しました。

二代目 徳田八十吉(1907〜1997年)

二代目徳田八十吉は、石川県能美郡で醤油商の五男として生まれましたが、養子として初代徳田八十吉に弟子入りしました。

図案を浅野廉に、陶彫釉薬を安達正太郎に、日本画を玉井敬泉に、富本憲吉に陶画を学び、近代的な九谷焼の発展に貢献しました。

徳田魁星として活躍していましたが、初代徳田八十吉の没後の1956年に「二代八十吉」を襲名ました。

初代の伝統的な九谷焼の上絵付け技法を受け継ぐ一方で、「涌象」という、異なる二種類の色粘土を練り込んで轆轤成形した後に上絵付けを施す新しい技法の開発にも力を注ぎました。

1958年(昭和33)にブリュッセル万国博覧会にてグランプリを受賞するなど、日本国外でもさまざまな賞を受賞。

1966年(昭和41)には石川県指定無形文化財に認定され、1978年(昭和53)勲四等瑞宝章を受章し、近代的な九谷焼を推進した功績を高く評価されました。

晩年には八十吉の名前を長男に譲り、「百々吉」を名乗るようになりました。

 

銘は初代の銘と似ているのですが、「八」の字が下の「十吉」に掛かっていないのが特徴、見分け方になります。

三代目 徳田八十吉(1933〜2009年)

三代目徳田八十吉は、二代目の長男として生まれました。

祖父の初代徳田八十吉から古九谷の釉薬の調合を学び、父である二代目からは古九谷の絵付けや表現技術を受け継ぎました。

1988年に三代目徳田八十吉を襲名し、1997年に人間国宝に認定されました。

三代目徳田八十吉の作品の特徴は、なんと言っても「耀彩(ようさい)」です。

耀彩は三代目が独自に考案した技法で、古九谷の四彩(黄・緑・紺・紫)を組み合わせて色のグラデーションだけで作品を仕上げます。

今までの九谷焼の大きな特徴である、絵柄(山水・人物・花鳥風月)をまったく使わないのです。

三代目は、西洋美術の影響を受けて絵付けで抽象的な世界を追求したいと考えました。

のちに古九谷の色を用いて宝石を表現したいとの思いから、成分の調合を微調整した数十種類もの色釉を使い、濃淡や対比を表現。乱反射を防ぐため、磨きの工程を丁寧に行って、輝くような光彩を生み出したのです。

独特の世界観を持つ三代目の作品は、日本伝統工芸展や国際陶芸展など数々の賞を受賞し、海外においても高い評価を得ています。

 

銘は、徳田八十吉襲名前の『正彦』銘、
三代目、襲名後は赤色で『九谷八十吉』と書かれています。
人間国宝認定後は、金で書かれた『八十吉』銘とを使用されてます。

八十吉襲名前の銘

左・八十吉襲名後の銘    右・人間国宝認定後の金文字

四代目 徳田八十吉(1961年~)

四代目徳田八十吉は、三代目徳田八十吉の長女として生まれました。

三代続く九谷焼作家という名門の家に生まれながら、ニュースキャスターとしてNHK金沢放送局で活躍したり、父の三代目徳田八十吉の秘書や着物大使として世界各国を訪問するなど、異色の経歴の持ち主です。

20代半ばで旅をしたアメリカで、中国・景徳鎮の極彩色のつぼに出会い「自分のルーツが漠然とわかった」ことがきっかけで、陶芸を志しました。

陶芸界に入ってからは、父三代目徳田八十吉の指導で耀彩の技術を学び、絵付けの技法を受け継いでいます。

最初は本名の「徳田順子」として活躍していましたが、2010年に三代目の死去を受け「徳田八十吉」を襲名しました。

三代目から受け継いだ耀彩の技術をベースにしながら、女性ならではの感性で独自の色彩表現を追求しています。

日本伝統工芸展入選などさまざまな賞を受賞し、英国の大英博物館で作品が常設展示されるなど、国内外で高い評価を受けています。

四代目徳田 八十吉 襲名前の銘

四代目徳田 八十吉 襲名後の銘

まとめ

今回は、九谷焼の名工「徳田八十吉」についてご紹介しました。

初代から四代目まで作風はそれぞれ違いますが、九谷焼に真摯に向き合い研究を重ねる姿はみなさん共通していて、そういった努力が数々の賞を受賞したり海外でも高い評価を受けていることにつながっているのではないでしょうか。

また、滋賀県 高島市には、初代から四代目まで徳田八十吉の作品を一同に観覧することができる常設型施設、徳田八十吉資料館があります。

4人の作品をじっくり見比べて、九谷焼の魅力を堪能してみたいですね。

当社、『骨董買取ラボ』では、徳田八十吉の作品も高価買取しております。

査定のポイントは、作品本体の傷の有無に加えて、共箱と呼ばれるその作品専用の箱や鑑定書のような付属品がそろっているか、作者の銘の種類や人気が高い柄の作品かどうか、といったことが挙げられます。

ご自宅で眠っている徳田八十吉の作品がありましたら、お気軽にご相談ください。