2022.03.20

【作家紹介】棟方志功とは? ~魅力あふれる作品とその生涯~

棟方志功をご存じですか?20世紀を代表する、世界的に有名な芸術家です。

おもに板画(版画)の作品を多く制作し、「木版画の巨匠」と呼ばれました。

今回は棟方志功について、その生涯と作風や作品をご紹介します。

棟方志功の生涯

生い立ち

1903(明治36)年95日に青森市で生まれました。実家は鍛冶屋を営み、15人兄弟の6番目の子として生を受けました。

子どもの頃に囲炉裏の煤で眼を病み、重度の近視になってしまいますが、幼いころから絵が上手だったと言われています。

小学校を卒業するとすぐに家業の鍛冶屋で働き始めたので、中学には行けませんでした。

17歳の時に母親が病気で亡くなり、父親も鍛冶屋を廃業したため、青森地方裁判所の弁護士控所で給仕として働きはじめました。

絵の勉強を始める

この頃から精力的に絵を描くようになった棟方志功は、仕事の空き時間や終業後に公園で写生をして独学で絵画を学びました。描き終えると、風景に対して合掌していたそうです。

18歳の時、青森市在住の洋画家・小野忠明に文芸雑誌「白樺」に掲載されたゴッホの「ひまわり」の原色版を見せてもらい、深く感動します。有名なエピソードで「わだばゴッホになる」と叫んだそうで、画家になることを志しました。

上京して絵の勉強に精力を注ぐ

1924(大正13)年、21歳の時に「帝展(現在の日展)に入選しなければ帰らない」と決心し、上京します。靴の修理や納豆売りなどの仕事をこなして苦労しながら、絵の勉強に励みます。

何度も帝展に落選してしまいますが、上京して5年目の1928(昭和3)年、第9 回帝展に油絵「雑園」という作品を出品し、5回目のチャレンジで念願の入選を果たします。

木版画に転向する

「雑園」が帝展に入選するのと同時期に、油絵に対して疑問を持ち始めます。西洋由来の油絵では、西洋人より抜きん出た作品を残すのは難しいのではないか、日本人だからこそできる作品を作りたいと考えたのです。

そうして、江戸時代から続き憧れのゴッホも高く評価した浮世絵、つまり木版画に魅せられていきます。

昭和2年に初めての木版画「中野眺鏡堂窓景」という、葉書大の3色摺り風景版画を制作しました。

翌年、のちに「木版画の神様」と讃えられる平塚運一(うんいち)に師事して木版を学び、木版画の制作に没頭します。

6回春陽展に出品した版画7点のうち3点が入選し自信を深めた棟方は、油彩画から木版画に転向することを決意しました。

結婚

1930(昭和5)年、文化学院で美術教師を務めていた棟方は、青森で赤城チヤという女性と結婚します。しかし、貧困により仲間と共同生活をしていたため、夫婦で一緒に暮らせるようになったのは、結婚の翌々年のことでした。棟方志功は、のちにチヤ夫人との間に22女をもうけました。

版画が認められる

結婚したのと同年に、国画会の展覧会に「貴女裳を引くなど4点の作品が入選、翌年には初めての版画集「星座の花嫁」を出版するなど、精力的に活動します。

1932(昭和7)年には第7回国画会展に出品した版画4点のうち、3点がボストン美術館、1点がパリのリュクサンブール美術館に買い入れられました。

柳宗悦と民芸の世界

そして1936(昭和11)年、第11回国画会展に棟方版画の原型となった「大和し美し(やまとしうるわし)版画巻」を出品。ヤマトタケルノミコトの古代神話をモチーフにした佐藤一英の壮麗な詩と、棟方の土俗的で生命力にあふれる絵が融合し、7メートルという大きさもあり壮大な作品となりました。

「大和し美し版画巻」は、「身の回りにある普通のものに魅力を発見し利用する」という民芸運動の第一人者である、柳宗悦(むねよし)や河井寛次郎らに注目され、交友が始まりました。柳が、新しく開館する日本民藝館の所蔵品として「大和し美し」を購入。上京から12年目にして、ついに棟方の作品が国内で売れたのです。

柳宗悦との交友をきっかけに、棟方志功は仏教や民芸の世界に心酔していき、作品も仏教を主題としたものが増えます。技法についても、柳宗悦から影響を受けました。「裏彩色」という、紙の裏から色づけする棟方の代表的な技法も、柳宗悦の影響によるものです。

「世界のムナカタ」と呼ばれる

1938(昭和13)年、35歳の時に「善知鳥(うとう)版画巻」が帝展で版画では初めて特選に選ばれました。

この頃から第二次世界大戦の戦局が激しくなり、疎開しながらも制作活動を継続します。

1939(昭和14年)には、興福寺の十大弟子から着想を得た「釈迦十大弟子」を下絵を描かずに一気に仕上げました。

1952(昭和27)年にスイスのルガノ国際版画展で日本人初の優秀賞を受賞。

1955(昭和30)年にはサンパウロ・ビエンナーレに「二菩薩釈迦十大弟子」を出品し、版画部門の最高賞を受賞します。

1956年、ベネチア・ビエンナーレに「湧然する女者達々」「柳緑花紅頌(りゅうりょくかこうしょう)」などを出品、日本人初の国際版画大賞を受賞しました。

数々の受賞によって、棟方志功の名前は「世界のムナカタ」として世界中に知れ渡りました。

作品が国際的に評価されたことで、アメリカの各地で講演を行ったり個展を開催したり、活動の場を世界に広げます。フランスも訪れ、念願だったゴッホのお墓参りも実現させました。

失明と晩年

1960(昭和35)年、アメリカで代表作を中心とした大巡回展が開催され、好評を得ました。この頃に朝日文化賞を受賞するなど、ようやく日本の美術界で正当に評価されるようになりましたが、眼病が悪化し左目を失明してしまいました。

失明後は右目だけで作品を作り続け、1970(昭和45)年、67歳の時に文化勲章を受章しました。

1975(昭和50)年913日、肝臓がんのため72歳で永眠。故郷の青森にある棟方志功のお墓は、敬愛するゴッホのお墓と同じ形に作られました。

作風や代表的な作品

子供の頃から極度の近視だった棟方志功は、作品に顔をピッタリと近づけて、さらに軍艦マーチを口ずさみながら制作をしていたそうです。

また、青森出身ということもあり、ねぶた祭りが大好きで、作品の題材にしたり、跳人として実際に参加したというエピソードもあります。

ここでは棟方志功作風や作品を、キーワードでご紹介します。

「板画」へのこだわり

棟方志功は、39歳の時に出版した随筆集「板散華(はんさんげ)」の中で、今後は「版画」ではなく「板画」と呼ぶと宣言しました。板が持つ性質を大切にし、板の声に耳を傾け、板の命を彫り出すことを目的とした芸術を目指し、独創的な作品を数多く発表しました。

作品名の「柵」

「門世の柵(もんぜのさく)」「沢瀉妃の柵(おもだかひのさく)」など、棟方志功の作品には「柵」という字がつくものがあります。これは囲いという意味ではなく、四国の巡礼者がお寺を巡る際に首に下げる廻札を意味しています。

自分の願いをかけてお札をお寺に納めて歩くということから、1つずつ作品に願いをかけて置いていくというお札のような意味が込められています。

大首絵の美人画

棟方志功の代表作で、女性の胸から上の顔を大きく描く「美人大首絵」は、女性の中に宿る仏性への礼賛を表したとされています。

「くちなし妃の柵」、「門世の柵」、「弘仁の柵」、「沢潟妃の柵」などが代表的で、ふっくらとした女性の顔に加えて季節の花や詩も描き込み、妖艶な雰囲気を持つ作品です。

二菩薩釈迦十大弟子

こちらも棟方志功の代表的な作品で、六曲一双屏風の構想で制作されました。

十大弟子とは釈迦の弟子の中で優れた10名のことで、目鍵連、舎利弗、優婆離、須菩提、阿難陀、羅睺羅、魔訶迦葉、阿那律、富楼那、迦旃延を指し、その両端に普賢延命菩薩と文殊止利菩薩が配されます。

下絵を描かずに一気に掘り進め、12枚をわずか1週間で仕上げたとされます。力強く生き生きと生命力にあふれた十大弟子が表現されています。

世界的に有名な板画家・棟方志功について、生涯と作風・代表的な作品を紹介しました。

東洋的・日本的な雰囲気を持つだけでなく、力強さや躍動感にあふれる棟方志功の作品は、現代でも大変人気があります。

骨董買取ラボでは、棟方志功の作品も高価買取しております。

人気の芸術家で作品数も多く、贋作も出回っていますので、慎重に鑑定を進めさせていただきます。

また、渋谷の東急百貨店美術部内の棟方志功ギャラリーで、棟方志功作品の鑑定・登録を行っています。

お気軽にご相談ください。